妊娠とニキビ

2016年12月27日 / 未分類

ご存じないかもしれませんが、妊娠した最初の頃にはホルモンバランスの乱れといったことからニキビができやすくなってきます。

また妊娠に伴う精神的ストレスもニキビの原因となってしまいます。とはいって、抗生剤等は使用できません。正しくホルモンバランスを整えていられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、身体を労わるようにしましょう。プラセンタの効果を大きくしたいのなら、摂取する時間帯も大切です。最も望ましいのは、お腹がすいている時間帯です。反対に、満腹時は吸収率が低く、摂取しても本来の効果を得られない可能性があります。

また、お休み前に摂るのもすすめます。人体は就寝中に修復・再生されるので、就寝前の摂取が効果的なのです。肌が荒れているのは空気が乾いているために体を起こしています。
お肌を守ってくれるクリームを多めに利用すると良いでしょう。乾いた肌をそのままにするのはおすすめできません。肌をきれいにするためには、顔を洗う必要がありますが、洗顔も度を超すと、むしろ肌を傷めてしまいます。

朝の洗顔はしないか、軽く済ませるようにするのが良いです。

毛穴のお手入れに大切なのは肌の潤いをしっかりと補うことです。肌の水分量が減ると毛穴が気になってきます。

お肌のキメを整えるにはまず洗顔が大切です。
なめらかな泡を作り、丁寧に洗顔します。

後、週1ぐらいにピーリングをすることで、スキンのリペアを促進します。その後にアンチ乾燥のケアを行い、毛穴に潤いを与え、毛穴のメンテをしてください。あなたが、ほうれい線を消したい場合は、ビタミンC誘導体の化粧品を使用してみましょう。

これには、より肌の細胞を活性化させる働きが見られるとされ、コラーゲンの繊維を増幅させることで結構しられています。それに併せて、美顔ローラーでコロコロすると、更にいっそう効果が期待できます。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る