葉酸の過剰摂取に注意

2018年4月13日 / 未分類

妊活クライシス

妊活中には、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。妊活中におススメなお茶では、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。これらはノンカフェインなので、妊活中の女性にも赤ちゃんにも負担のかからない、妊活中に飲むのに理想的なお茶なのです。特にルイボスティーは鉄分を豊富に含んでいるため、貧血の予防になると報告されていますから、妊活が終わった後も、飲み続けたいお茶だと言えます。胎児が元気に成長するために最も重要な働きをするのが葉酸です。食事による摂取が一般的ですが、簡単に適切な量の葉酸を補給できる、という点では葉酸サプリを飲むのが良いと思います。では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。多くの場合、妊娠前から授乳期を過ぎるまでサプリでの補給が望ましいとされています。妊娠期間中、葉酸が最も不足しやすいのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても欠かせない栄養素なんですよね。こうした点から、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、授乳が終わるまでサプリを活用するのが、最も葉酸を効果的に働かせる飲み方だと言えます。妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。長男が生まれていましたから、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

排卵日を特定したり、タイミングを調節するなど、産み分けにチャレンジしたという訳です。妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安が入り混じったような気持ちでしたが、女の子だったので、とても嬉しく思っています。友達の話ですが、妊活中によく漢方を飲んでいたと思います。彼女が言うには体質改善のために漢方を利用していると言っていました。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安心できますね。漢方を続けていた彼女は、命を授かることが出来ました。彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、本当に嬉しいです。葉酸が持つ働きは、妊娠の母体と胎児の健やか成長に働きかけるため、国民の健康に関する業務を管轄している厚生労働省が妊活中の方や妊娠中の妊婦に対して、積極的な摂取を呼びかけているほどの効果があるのです。体内に入った葉酸は、水溶性であるために尿や汗と一緒に体外に出ていくので、人体に留まって蓄積するという事はありません。ということは、葉酸不足を避けるために、推奨される量以上の葉酸を摂っても平気なのでしょうか。実際には、そういう訳では無く、葉酸を過剰に摂取すると発熱やかゆみ、あるいは呼吸障害などの重大な副作用に繋がる恐れもあります。葉酸サプリは簡単に葉酸の摂取が出来る妊婦の心強い味方ですが、過剰摂取に注意して、規定量を必ず確認しましょう。このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が様々な働きをしていることが分かっています。葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。妊娠中の十分な摂取によって、赤ちゃんが先天的な神経系障害を発症してしまう危険性を抑えてくれるというデータが発表されています。厚生労働省の発表によりますと、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。胎児が健康的に成長するためにも、妊娠中に限らず、妊娠を計画している方や希望している方も、是非、葉酸を意識して摂取してみてくださいね。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る