妊活初めて

2018年10月2日 / 未分類

葉酸は胎児の健康な成長を促すために、妊娠前から妊娠初期にかけて適切な摂取が求められる栄養素です。
その効果は厚生労働省が妊娠を希望する女性や妊娠中の女性へ、適切な摂取を勧めています。

体内に入った葉酸は、水溶性であるために汗や尿と一緒に体外に排出されるものが殆どですから、人体に留まって蓄積するという事はありません。

とはいえ、過剰摂取によって副作用(呼吸障害・発熱・かゆみ・吐き気など)を引き起こす可能性があるそうです。葉酸サプリ等で葉酸の補給をする場合、規定量を必ず確認しましょう。

妊活の時に、本を買って「産み分け」について学びました。上の子が男の子でしたし、次は女の子を授かりたい、と考えていました。
本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしました。
妊娠が発覚した後、赤ちゃんの性別が分かるまでは期待と不安でドキドキしていました。結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。

産み分けをして良かったと思っています。

皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。

さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを飲むときには、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類前後入っているものを選べば栄養をしっかりと補給できますし、それぞれの成分が効率的に働いてくれるでしょう。こうした総合サプリの摂取は、妊娠中に女性が飲むもののように思いますが、決してそんなことはありません。
妊娠に不可欠な栄養素を補う事で、体も妊娠に適した体へと変化していきます。

ですので妊娠を計画している女性はサプリの利用を考えてみてくださいね。友達と会う機会があったので、妊娠についての話をしていたのですが、葉酸のサプリの話題が上ったのですが、使いやすいのはどこのサプリかな、って聞いてみると、どうやらベルタのものが一番良いらしいって教えてくれました。

友達はいつから飲むものなのか迷っていたのですが、私が葉酸は妊娠前からちゃんと摂った方が良いとテレビで見たことがありましたから、彼女に伝えました。

友達が妊活を頑張っている事を知っているので、絶対に報われて欲しいと思うし、おなかの赤ちゃんがすくすく育って、無事に生まれるといいなと願っています。基本的に、葉酸は妊娠前から妊娠3ヶ月の期間の摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。それでは、妊娠後期に入った妊婦に、葉酸が無くても良いのでしょうか。

妊娠後期は初期に比べて、葉酸が不足する傾向が落ち着くのですが、だからといって全く気にする必要が無いのかと言うと、決してそうではないんですよね。葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという効果のみに注目した場合、妊娠3ヶ月までの期間が大変重要な期間という事ですので、この時期での摂取を特に意識して欲しいという事であって、葉酸の摂取はこの期間だけに限った話ではないのです。妊婦にとって葉酸は重要な働きをする栄養素なのですが、もしも、葉酸を適切に摂取しきれなかったとすると、どのようなリスクがあるのでしょうか。実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

そのため、これが胎児に欠乏した場合、正常な細胞分裂が行われず、先天性の障害を発症する要因になると言われているそうです。

ほかにも、ダウン症予防に効果があると言われていますから、是非、葉酸の摂取を意識してみてください。妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、胎児の細胞分裂が正常になされずに、神経管閉鎖障害などの異常があらわれる危険性があります。
こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、1日に400μg(0.4mg)の葉酸をきちんと摂取できるように、栄養補助食品による補給がお勧めです。妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで赤ちゃんの先天的な神経管異常の障害を抑える可能性がある事が科学的な研究によって、明らかになっています。
そのため、母胎のことを考えた葉酸の摂取を厚生省が勧告しているのです。例えば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、トクホ(特定保健用食品)に指定され、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いです。

妊活 初心者

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る